アートメイクに資格(医師免許)は必要?クリニックの選び方|無免許サロンに注意

基礎知識

アートメイクの施術に資格は必要なのか、またどんな資格があるのか詳しくご紹介します。

アートメイクを行っているところにはクリニックとサロンがありますので、その違いについても解説し、アートメイクを受ける際の正しい選び方や注意点についてもまとめています。

違法なアートメイクを受けてしまったり、施術で失敗しないためにも最後までチェックしてみてくださいね。

 

アートメイクに資格は必要?

アートメイクの施術を行うには、資格が必要です。

「医師免許」が必要であり無資格者が施術を行うのは禁止されていますので、詳しくご紹介していきます。

アートメイクは医療行為で医師免許が必要

アートメイクは医療行為に当たるため、「医師免許」を持っている者が施術を行えます

また医師の指示の元で施術を行う場合のみ看護師も、アートメイクの施術を行えるようになっています。

アートメイクは無資格でも施術できる?

医師免許を持たない者は施術が行えませんし、看護師資格があったとしても医師の指示の元の施術でなければアートメイクを行えません

クリニックに関しては無資格で行っているところなどほとんどありませんが、サロンで行っている場合は無資格の可能性がありますので注意が必要です。

無資格でなぜ施術が行えないのかについては、続いてご紹介していきます。

 

アートメイクにはなぜ資格が必要なの?

アートメイクにはなぜ「医師免許」が必要なのでしょうか?美容目的だから美容師免許とかがあれば大丈夫なんじゃない?と思ってしまうかもしれません。

しかしアートメイクに医師免許が必要な理由はきちんとあるのです。

針を使用し皮膚に傷をつける行為だから

アートメイクは針を皮膚に刺し色素を入れていきます

肌に傷をつけて色を入れるわけですから、安全面も考慮し医師免許がなければできない行為となっています。

痛みが伴うので麻酔を使用する場合があるから

アートメイクは針を皮膚に刺すので、痛みが伴います

痛みを抑えるためには麻酔を使用しますが、この麻酔を購入するには医師免許が必要となります。

万が一の肌トラブルに対応が必要だから

皮膚を傷つけるということはリスクを伴い、肌トラブルを起こす危険性があります

万が一肌トラブルを起こした場合、迅速に対応ができ、診断や薬の処方を行えるのは医師だけです。

器具や色素などの購入は医師しかできないから

アートメイクには特殊な器具や色素を使用していきますが、この器具や色素を購入できるのも医師だけとなっています。

無資格でアートメイクを行っている場合、麻酔や器具、色素については輸入品であったり、正規で仕入れたものではない可能性が高くなります。

 

アートメイクするなら資格を保持した医療機関

前述した通り肌へのリスクや使用する器具、色素の安全性から見ても、アートメイクはクリニックで行うようおすすめします。

ただしアートメイクのクリニック数は多く、クリニックだからといって安心できるかというと不安もあり注意点もありますので詳しくお知らせしていきます。

医師の資格があるだけでは不安もある

医師の資格があっても、アートメイクの仕上がりには施術者の技術力も大きく関わります

またクリニックによって提供しているメニューやケア方法もさまざまで、クリニックだから失敗しないということはありません

クリニックの選び方失敗しないための注意点

アートメイクで失敗しないためにも、クリニックの選び方では以下の5つのポイントを確認しましょう。

・アートメイクの実績や施術写真を見せてもらう
・医師の常駐や医師が看護師へ指示しているか確認
・カウンセリングで信頼できるかチェック
・スクールを卒業済みかなど知識や技術力を確認
・施術後のアフターフォローについて確認
それでは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

アートメイクの実績や施術写真を見る

医師の資格を持つクリニックであったとしても、アートメイクの経験があまりないクリニックでは不安があります

どれくらいの人数がそのクリニックでアートメイクをしたのか聞いてみたり、クリニックに保存してある症例写真を見せてもらったりして技術力を確かめてみてください。

またクリニックによってはSNSで症例を公開している場合もあるので、インスタグラムなどもチェックしてみると良いですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. Ns 岡崎です🌈✨✨ . . 【自眉毛みたいに❣️】📸✨ . . 家に居て突然の来客、 眉毛がないのでバタバタしちゃうとのお悩み。 消えない眉毛が欲しいとの事でした💫 濃くなり過ぎないように仕上げています❣️ 施術数日前のギリギリまでアートメイクをするか 悩まれていたそうですが、 して良かったと笑顔で話されてた姿が とても印象的でした😭‼️ そう言っていただいて嬉しいです☺️✨ お綺麗です😊✨ . ★AMGは一緒にお客様に合う眉のデザインをみつけていきます✨ 数あるアートメイクの中から当店を選んで頂いてありがとうございます🙇‍♀️💓また、お写真・動画の提供ありがとうございます✨ ——————————————————————— ※更にキャンペーン価格2回コース1万円引きです‼️✨✨ ——————————————————————— AMGオーダーメイド眉// ◼︎リスク:直後の赤み、ダウンタイム中の痒み ◼︎ダウンタイム:1週間前後 ◼︎料金:1回/¥80,000(+税)、2回/¥140,000(+税) . ⚠️重度の金属アレルギーがある方、皮膚が弱くご心配な方はパッチテストのご予約を承れます✒️ 📍アートメイクは通常2〜3回施術を重ねて仕上げていきます。(色の定着や持続は個人差ございます) 📍1年〜2年ほどで代謝によって徐々に薄くなっていきます。 ———————————————————————— . 《ARTMAKE GALLERY》 🏥六本木 アートセルクリニック 〒106-0032 港区六本木7-4-4 六本木アートシェル5F ・ 🏥日比谷 アートセルクリニック 〒100-0006 千代田区有楽町1-2-14紫ビル3F ・ ◾️ご予約受付時間 10:00-18:30 ・ ◾️Mail プロフィールURLのHP予約フォームより ・ ◾️TEL 03-6268-8033 ・ #アートメイク #美容 #眉アートメイク #メディカルアートメイク #医療アートメイク #眉毛サロン #韓国アートメイク #韓国コスメ #韓国美容 #アイブロウメイク #小顔メイク #美容クリニック #整形メイク #韓国整形 #美容医療 #美肌ケア #美容垢 #美容好き #美容好きな人と繋がりたい #メイク動画 #ハーフメイク #眉ティント #ヘアライン #美容医療 #美肌ケア #美容垢 #美容女子 #美容オタク #美活 #美容好きな人と繋がりたい

【AMG】アートメイクギャラリー(@artmake_gallery)がシェアした投稿 –

医師の常駐や看護師へ指示しているか確認

クリニックに医師が常駐していて医師本人、または医師が看護師に指示をした上で施術を行ってくれているのかを確認しましょう。

看護師に任せっきりだったり、医師が常駐していなくて万が一のトラブルの際に対応してくれない、なんてならないように注意してください。

カウンセリングで信頼できるかチェック

施術前にまずはカウンセリングへ行ってみましょう。

すぐに施術をしなくてもOKなところも多いので、まずは気になるクリニックに足を運び、クリニックやスタッフとの相性や雰囲気を確かめ、また真摯になって相談や疑問に答えてくれるのかチェックしてみると良いでしょう。

スクールを卒業済みか知識や技術力を確認

アートメイクには、医師や看護師が通えるスクールがあります

スクールや研修をきちんと卒業しているかどうかも、技術力を見極めるポイントとなるので、医師免許とは別に資格を取得しているのかなども聞いてみるようにしてみてください。

アフターフォローについても確認

カウンセリングの時には施術後のアフターフォローについても聞いてみましょう。

施術後の注意事項についてきちんと説明をしてもらえるか、自宅に帰った後でも質問や相談できる環境が整えられているか、そして2回目の施術やメンテナンスについても予め聞いておけばより安心です。

■ ■ ■ ■ ■ ■

ここまでアートメイクに必要な医師の資格を持つ医療クリニックについてお知らせしてきましたが、無資格のエステサロンも存在しますので続いて無資格のエステサロンについて詳しくお知らせしていきます。

 

無資格のエステサロンは危険

医師の資格を持たないエステサロンで、アートメイクを行うのは危険を伴います。

無資格のエステサロンを誤って選ばないために注意点を詳しく解説していきます。

無資格で施術をしているサロンは違法

アートメイクは以前、法規制があいまいで医師免許がなくても施術ができましたが、現在は無資格でアートメイクの施術を行うのは違法行為となります。

前述した通り、器具や色素、麻酔の購入もできないほか、万が一の肌トラブルにもエステサロンではその場で対応してもらえませんので、クリニック以外でのアートメイクは控えた方が良いでしょう。

無資格のサロンを選ばないための注意点

無資格のエステサロンを誤って選ばないようにするためには、下記の5つのポイントがあります。

・資格(医師免許)を取得しているのか確認する
・料金の安さだけで施術場所を選ばない
・「医療機関と提携」という言葉に騙されない
・個人経営のサロンは危険性が高いかも
・スクールを受講していても無資格なら違法
それでは無資格のサロンを選ばないための注意点を詳しく見ていきましょう。

資格を取得しているのか確認する

カウンセリング時や予約の段階で、医師免許を持っている又は医師が常駐しているかどうかを確認してみましょう。

医師免許がない場合は、カウンセリングの中止や予約を行うのはやめておきましょう。

料金の安さだけで選ばない

無資格のエステサロンでは、クリニックよりも低価格で施術が行われている場合が多いです。

安さだけで飛びついてしまったものの、無資格の違法サロンだった、なんてならないよう、資格の有無という視点からもチェックしましょう。

>>アートメイクの料金相場について詳しくはコチラ

「医療機関と提携」という言葉に騙されない

エステサロンで医師免許について聞いてみると「医療機関と提携しているので安心安全です。」と回答が返ってくる場合もあります。

提携しているだけで医師が常駐しているわけではありませんので、提携という言葉に騙されないよう気をつけてください。

個人経営サロンは危険度が高いかも

サロンの中でも個人経営のサロンでは無資格の場合も多くあり、マンションの一室などで行われているところだと衛生面でも不安です。

また友達からの紹介を受けたら無資格のエステサロンだった、なんて場合もありますので、友達の紹介であっても違法サロンに当たらないかきちんと確認してから来店するようにしてみてください。

スクールを受講していても違法

資格とは「医師免許」であり、スクールを卒業していたり、民間のアートメイクの資格を取得しているだけでは違法に変わりありません

無資格でアートメイクを行っているエステサロンは、違法行為であると認識した上で施術を行っている場合が多く、違法行為であるという事実を巧みに隠そうとしていますので、カウンセリングの際には上記の注意点を今一度確認してみましょう。

 

アートメイクに資格は必要?まとめ

アートメイクの施術は、「医師免許を持っている」もしくは「医師免許を持つ医師の指示の下、看護士が行う」どちらかの場合のみ認められています。

無資格のエステサロンはまず選ばないようにして、クリニック選びでも失敗しないように気をつけてみてください。

きちんとした資格を持つ信頼できるクリニックであれば、きっと自分の求める理想のアートメイクが手に入るはずです。

気になるクリニックが見つかったら、カウンセリングに行ってみて信頼できるクリニックかどうかを見極めてみてくださいね。

>>アートメイクおすすめクリニック一覧はコチラ

タイトルとURLをコピーしました